〒104-0045 東京都中央区築地4丁目2-11 新橋演舞場別館2階
TEL 03-3545-1606 FAX 03-3545-1607

お問合せアイコン

お問合せはこちら

事務所創設者 安井 桂之介 弁護士

愛知県出身 中央大学法学部卒業
1968年(昭和43年) 司法修習修了(20期) 同年 検事任官
1973年(昭和48年) 弁護士登録(第二東京弁護士会)

会務歴

関弁連 人権擁護委員会委員長
第二東京弁護士会 紛議調停委員会委員長
同 刑法改正特別委員会委員長
同 法廷委員会委員長
同 国選弁護委員会委員長
同 財務委員会委員長

獲得した無罪事件

1 信用組合本店店長特別背任事件
2 殺人事件(控訴事件)
3 窃盗事件
4 殺人事件(ロス銃撃事件)

論文

「共同不法行為者間の求償」(判例タイムズ632号)(判例タイムズ社「交通損害賠償の諸問題」改訂版収録」

事務所代表 原 琢己 弁護士

長野県出身 飯田高等学校卒業 早稲田大学法学部卒業
2000年(平成12年)3月 司法修習修了(52期)
2000年(平成12年)4月 弁護士登録(第一東京弁護士会) 同月 阿部・井窪・片山法律事務所 入所
2001年(平成13年)10月 安井総合法律事務所 入所
2018年(平成30年)1月 事務所名を安井・原法律事務所と変更

公職

2016年(平成28年)〜2019年(平成31年) 最高裁判所司法研修所 弁護教官(刑事弁護)

社外役員等

2011年(平成23年)〜2016年(平成28年) ティアック株式会社 社外監査役
2013年(平成25年) 社会福祉法人ハマノ愛生会 理事(現任)
2016年(平成28年) ティアック株式会社 社外取締役監査等委員(現任)
2018年(平成30年) メリックス株式会社 社外取締役(現任)

日弁連、第一東京弁護士会

2020年(令和2年)〜 刑事弁護委員会 委員長(現任)
2006年(平成18年)〜2015年(平成27年)、2019年(平成31年)〜2020年(令和2年) 刑事弁護委員会 副委員長
2011年(平成23年)〜2015年(平成27年) 同委員会当番弁護士部会 部会長
2013年(平成25年)〜2014年(平成26年) 東京三弁護士会刑事弁護委員会正副委員長会議刑事弁護センター運営部会 部会長
2013年(平成25年)〜 日弁連刑事弁護センター 委員(現任)
総法研会社法部会 部会員
総法研倒産法部会 部会員
総法研スポーツ法研究部会 部会員

著書・講義等

裁判員裁判の量刑Ⅱ/現代人文社 2017年(共著)
弁護士の現場力 刑事弁護編/ぎょうせい 2019年(共著)
講義「弁護人の立場から見た公判前整理手続の実務」法務省法務総合研究所主催 本邦スリランカ研修において
弁護士会内研修における講義 多数

その他

品川区法律相談員
特定非営利活動法人日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク会員

原 敦子 弁護士

神奈川県出身 湘南白百合学園高等学校卒業
青山学院大学法学部卒業
2002年(平成14年)弁護士登録(第二東京弁護士会・55期)
品川区法律相談員

主として取り扱ってきた分野

交通事故事案(被害者側、加害者側)
相続事件(遺産分割事件、遺言執行等)
離婚事件(財産分与、慰謝料請求、子の親権獲得等)
金銭消費貸借事件
不動産取引事案
その他一般民事事件全般
企業法務
刑事事件

心がけていること

「依頼者の方にとって何が最善の解決策か」を第一に考えて、その方から「この弁護士に頼んで良かった」と心から思っていただけるような仕事をすることを常に心がけています。また、事案解決に向け、議論の原点や本質を忘れず、しかし、時代の流れに伴う新しい視点も常に意識しつつ進めていきたいと思っております。トラブルを抱えてしまっている方の中には、日々眠れない夜を過ごされている方もたくさんいらっしゃいます。そのような依頼者の方の問題が終局的に解決し、安心して日常生活を送れるようになるところまで、しっかりサポートさせていただきたいと思っております。

渡邉 容子 弁護士

東京都出身 東京都立小石川高等学校卒業
東京大学文学部卒業
東京大学人文社会系研究科修士課程修了
東京大学法科大学院修了
2011年(平成23年) 裁判官任官(63期)
2018年(平成30年) 弁護士登録(第一東京弁護士会)